博物館教育論

博物館は、資料を収集し保存整理したものを研究し、その成果を広く社会に公開し、社会教育やリクレーションに役立てる目的と役割があります。「学芸員」は国家資格です。学芸員は、文化財を後世に伝える重要な役割を担っています。したがって、資格取得を目指す学生さんは、全ての授業を真摯に受け、自ら学び、主体性をもって受けてください。

本学の学芸員課程では、博物館に関する授業は、必修科目しか設定されていません。したがって、学芸員課程の授業は、全て履修しないと資格は、取得できません。専門学科のようにいくつも科目を履修しながら学修を重ねているのとは違い、理解を促すには、実例を観たり、体験することが重要になり、座学であっても実習しながら学んでいくことで、理解を深めますので、全ての授業の出席が必須になります。事情があり、欠席する場合は、事前に担当教員に連絡し相談してください。社会人としてのマナーも守ってください。

博物館資料論

博物館は、資料を収集し保存整理したものを研究し、その成果を広く社会に公開し、社会教育やリクレーションに役立てる目的と役割があります。「学芸員」は国家資格です。学芸員は、文化財を後世に伝える重要な役割を担っています。したがって、資格取得を目指す学生さんは、全ての授業を真摯に受け、自ら学び、主体性をもって受けてください。

本学の学芸員課程では、博物館に関する授業は、必修科目しか設定されていません。したがって、学芸員課程の授業は、全て履修しないと資格は、取得できません。専門学科のようにいくつも科目を履修しながら学修を重ねているのとは違い、理解を促すには、実例を観たり、体験することが重要になり、座学であっても実習しながら学んでいくことで、理解を深めますので、全ての授業の出席が必須になります。事情があり、欠席する場合は、事前に担当教員に連絡し相談してください。社会人としてのマナーも守ってください。


課題提出をMoodleにUPしていただきます、期日を厳守してください。

博物館実習Aでは、今まで学習してきた博物館についての知識や理解を深めるために、博物館(美術館、水族館、動物園、資料館、科学館、プラネタリウム)など、さまざまな施設に見学に行き、考察を深める。

事前・事後の実習の他、教室で講義を行う。また、別日程にて、振替授業として、教員の引率のもと博物館見学を行い、博物館の学芸員及び職員によるバックヤード見学や講演、講義などを受けることで、専門的知識を深めたい。

この授業では、実習科目のため、出席が必須になります。学科の授業などの都合で、欠席する場合は、必ず事前に担当教員に連絡をしてください。
国家資格である、「学芸員」は、人類の文化遺産を預かる重要な役割を担っています。責任をもって授業に取り組み、社会人としてのマナーを守ってください。実務実習では、以下のことを学びます。
  1. 展示に関わること
  2. 博物館の企画展の企画、計画、広報、展示、アンケート調査、ご案内状、お礼状、会計報告などの全てを行います。
    11月の文化祭までは、毎週、パネル作成、ワークシート作成、展示設営など、展示に関する実務を学びます。
  3. 資料整理保存に関すること
  4. 11月25日からは、資料の扱い、資料整理の方法、資料のデータ作成に関わる写真撮影、デジタル資料作成など資料整理に関わる実務を学びます。

2017年度

実習C履修予定者のためのコースです。

2018年度 博物館実習C(館園)の履修予定の方を対象としています。

2018年度は、2017年度の11月より、博物館への応募が始まります。
各大学で、応募者を調整して提出すること、大学が推薦して実習に送り出すことから、事前に志望動機書、履歴書などの確認をし、面談を行います。
国家資格ですから、期日などの提出は、遅れないように厳守してください。

博物館見学について

教員引率による博物館見学実習を実施します。

実習A 以外は、こちらに申し込みください。