Help with Search courses

博物館における教育活動の基盤となる理論や実践に関する知識と方法の習得を目的とし、博物館の教育機能に関する基礎的能力を養います。特に、今後の理工系博物館の在り方と教育について社会教育、学校教育などの具体例から学習し、考察したいと思います。

授業形態:講義と教育プログラム作成 授業方法:レジメ、スライド、ビデオ教材等を用いて教育プログラムについて学び様々な博物館現場の実際も紹介します。グループごとに、ワークシートなどの教育プログラムを作成することで、理解を深めます。

博物館実習Aでは、今まで学習してきた博物館についての知識や理解を深めるために、博物館(美術館、水族館、動物園、資料館、科学館、プラネタリウム)など、さまざまな施設に見学に行き、考察を深める。

事前・事後の実習の他、教室で講義を行う。また、別日程にて、振替授業として、教員の引率のもと博物館見学を行い、博物館の学芸員及び職員によるバックヤード見学や講演、講義などを受けることで、専門的知識を深めたい。

実習Bでは、博物館に於いて、学芸員が行う実務について学びます。実習は、主に船橋校舎に於いて行います。

講義では、資料の知識や保管の方法について、科学的な保存方法に関する知識や資料の取り扱い方法について学ぶ。到達目標は、博物館および周辺領域におけるモノや文化遺産について理解し、資料保存の基礎的な知識を習得する。

講義と実習を伴う場合がある。修復、資料保存、管理についての講義の後に、実際に資料に触れ、扱い方を知ることで理解を深めることができる。資料を扱う際は、集中して授業を行うことがある。

到達目標は、博物館業務の実際を体験学習することで、広範囲にわたる学芸員の活動作業を理解し、現場の抱える諸問題について新たな提案ができる学芸員を目指す。

1.実際の博物館で実習する。2.実習に向けてスキルを磨くため、学芸員課程実習室に於いて実習を行う。学芸員としての必要な心構えを学び、理工学を学ん だ学芸員として、博物館運営の一助になれるかを考える。また、どのような学芸員になりたいか、志望動機書の書き方を通して再確認する。

博物館における情報の意義と活用方法及び情報発信の課題等について理解し、博物館の情報の提供と活用等に関する基礎的能力を養う。

デジタルメディアの普及、情報化の進展にともない、博物館が持つ情報とメディアをめぐる環境の変化が著しい。本講義では、博物館が持つさまざまな情報の意 義を学習すると同時に現在のデジタル技術の進歩や動向を学習し,博物館におけるメディアやデジタルコンテンツの活用を考察する。また,デジタルメディアを めぐる社会動向などの具体的事例を紹介し,今後の可能性について考察する。 授業は、コンピュータやプロジェクタを用い、視聴覚プレゼンテーションの形式で多数の授業メディアを体験しながら学習する。また、ウェブを利用した双方向 コミュニケーションシステムも利用し、受講生が参加体験をもとに考える機会を設ける。